彼女はキレイだったの最終回はハッピーエンド?タイトルの本当の意味が深い!

ロマンス

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』は全16話最終回を迎えましたね。
気になるパクソジュン演じる【ソンジュン】とファンジョンウム演じる【ヘジン】の恋愛模様の結末がとても気になりますよね!?

今回は、『彼女はキレイだった』のあらすじから最終回でどうなったのか…!?その内容について詳しくお伝えしていきます!!

彼女はキレイだったの最終回!あらすじを紹介!

ネタバレも含んでしまいますが…簡単に最終回のあらすじをどうぞ!

ヘジンは夢を叶えるため、童話作家のスタッフとして働き始めます。
遠距離恋愛を頑張るソンジュンとヘジンですが、時差や忙しさに悩まされつつも、互いの努力が伝わってきます。
私自身も経験があるのですが、遠距離恋愛って難しいですよね…。
やっと結ばれた2人だからこそそんな壁も乗り越えて欲しいですがその後の展開はどうなったのでしょうか!?

そして、とうとうヘジンの愛らしい天然パーマが戻ってきます。
ハリとの友情もゆるぎなく、彼女が励ましに訪ねてきたりします。
ソンジュンとの連絡が途絶えた時、心配したヘジンですが、彼がヘジンなしでは耐えられないと韓国へ戻ってくるという驚きのシーンも!!

無事にヘジンの就職先も決まり、月日は流れ2人は結婚式を挙げ、ついに結ばれます。
童話作家として成功し、ソンジュンとの間には可愛らしい女の子が誕生し物語は終わります。 

どうやら結末はハッピーエンドだったようですね!
次にそのあたりをもう少し深堀してみますね!

彼女はキレイだったの最終回!結末はハッピーエンド?

 最終回の最後は、読者の心を温かく包み込むようなハッピーエンドが待っています!!
全員が幸せな形で物語は締めくくられるので、涙をこぼすファンも多いのではないでしょうか。

この作品の役柄はどれも結局皆良い人ばかりで、最終回まで平和に終わってよかったな~って感じます。
最後の最後で波乱もあるのかと少し疑ってしまった部分もありますが、最終回もただただハッピーエンドで、それがまた最高でした。

主人公2人もちゃんと結婚して、ヘジンは夢を叶えて彼女に似た子供が生まれるなんて…幸せすぎる展開ですよね!!

また、2人の思い出の「ルノアールの田舎のダンス」が描かれている傘が最終回に登場して、子供と一緒にソンジュンが使っているところが本当に素敵でした。

続いては、最終回の感想をご紹介しますね!

彼女はキレイだったの最終回!感想を紹介!

口コミでは、最終回に子供が生まれる幸せな結末に対する喜びや、ハッピーエンドに対する満足感、物語全体を楽しめたという声が多く上がっています。

一方でハリとシニョクを推しているファンから、ドラマ的にはいいんだろうけど2人の運命が切ない…などの意見も見かけました!
恋愛自体、全員の思い通りいかないのは分かってはいるものの、人間性的にも優れていたハリとシニョクの事を考えてしまうと本当に切なく感じる部分は否定できないなと思いました。

このドラマは、本当に嫌な人物が出てこないので、すれ違いだけなのに、観ているだけで心をつかまれて感情が揺さぶられる…そんな作品ですね。
こういう作品に出会うと余計に登場人物それぞれの幸せになれる展開を求めて想像を膨らませてしまいます。

全体的に平和的な内容の恋愛ドラマになるので、是非気になる方やもう一度見てみようかなという方は、幸せな結末に涙しつつ、最終回まで見てみてください!!

次は、タイトルの意味について考えてみました。

彼女はキレイだったの最終回!タイトルの本当の意味は?

「彼女はキレイだった」は、とても奥が深いタイトルだと思います。
このタイトルに込められた作者の想いを、私なりに考えてみたので紹介します!

  1. 過去の美しさ
    • タイトルの「彼女はキレイだった」というフレーズは、主人公ヘジンの過去を反映しています。
      子供の頃、彼女は外見が非常に美しく、裕福な家庭で育ちました。
      しかし、家族の経済状況が悪化し、彼女の外見も変わってしまいました。
      タイトルはこの変化を示しているのではないかと思います。
  2. 内面的な美しさ
    • 物語が進む中で、タイトルは外見だけでなく、内面的な美しさにも焦点を当てていることが明らかになります。
      大人になったヘジンは、子どもの頃の美しさを失ったと感じているものの、彼女の性格、誠実さ、勤勉さなどの内面的な美しさは変わっていません。
      これは、真の美しさが外見だけでなく内面にあることを強調していると感じました。
  3. 再発見と成長
    • タイトルはまた、自己再発見と成長の物語を象徴しています。
      ヘジンは自分の価値と美しさを再発見し、成長していきます。
      彼女が再び自信を取り戻し、自分自身の本当の価値に気づく過程が描かれています。
  4. ロマンチックな要素
    • タイトルはロマンチックな意味合いも持っています。
      幼少期の美しい思い出を持つソンジュンが、現在のヘジンの内面的な美しさに気付き、再び恋に落ちるという物語の展開を匂わせています。

「彼女はキレイだった」というタイトルは、単なる外見の美しさにとどまらず、内面的な美しさや自己成長、再発見のテーマを含んでいると感じました。
ヘジンの過去の外見の美しさと現在の内面的な美しさの対比を通じて、真の美しさとは何かを問いかける深い意味を持っています。
このタイトルは、視聴者に対して外見だけではなく、内面的な価値や成長を重視するメッセージを伝えているのではないでしょうか?
う~ん、深いですね(笑)

彼女はキレイだったの最終回!まとめ

今回は、「彼女はキレイだった」の最終回について深掘りしていきました。

そもそも初恋同士のソンジュンとヘジンが結婚をして、2人の間で子どもが生まれる結末まで描いてくれたことが視聴者の皆をも幸せにしたストーリーだったのではないでしょうか。

この作品は、幅広い視聴者にとって心温まるストーリーで、最終回まで楽しめる作品であることが多くの人に伝わっていたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました