トッケビの最終回はハッピーエンド?専門家が解説する見どころ7選と結末の考察!

ロマンス

『トッケビ』の最終回、登場人物それぞれの恋の行方はどうなるのでしょうか?
とても気になりますよね?
この記事を見ればすべてがわかります!

  • トッケビの最終回はハッピーエンドなのか?
  • 専門家が解説する見どころ7選
  • 結末の考察

ぜひ最後までご覧になってくださいね!

トッケビの最終回はハッピーエンド?

ウンタクは、嬉し涙をこらえながら笑顔でプロポーズを受け入れる。
そんなウンタクのおでこにトッケビは優しく口づけをした。

トッケビとウンタクは、2人そろってドクファに会い結婚の報告をすることに。
ドクファは記憶を失くしたままのため、ウンタクとは初めましての挨拶をした。
ウンタクは、ドクファが平社員からチーフに昇進していて感慨深い気持ちになった。

ウンタクが担当しているラジオ番組に届いた投書が、サニーが死神に宛てたラブレターだということに気付いたウンタクは、部下にこの投書を採用してラジオで流すよう指示した。
サニーはすべて覚えていたのだった。
ラジオを聞いていた死神は、2人が出会った歩道橋へ走った。
歩道橋で出会った2人は、最後に一度だけ抱きしめ合い、今世では二度と会わないと別れを選んだ。

トッケビとウンタクはソバ畑で式を挙げ、とても幸せだった。
翌朝、ウンタクは愛するトッケビの腕の中で目覚め、仕事も予定通り完ぺきにこなし、こんなに完璧な日があるのかと満足げな車での帰り道。
突然のアクシデントによってウンタクはいなくなってしまった。
ウンタクはまた生まれ変わって必ず戻ってくると約束し、今世の記憶を消すお茶を飲まずに旅立って行った。

そして30年の月日が流れ、死神が長い罰から解放される日がやってきた。
そんな彼の元に最後の名簿が送られてきて、その名前は「キムソン68歳」なんとサニーのものだった。
彼は、最後にもう一度規則を破りトッケビを妹に会わせることにした。
あの世へ送り出す部屋で30年ぶりに再会した死神とサニー。
トッケビは窓の外からそれを見守っている。
2人は仲良く手をつないで旅立って行った。

それから長い年月が流れ、トッケビは一人カナダの丘の上の墓地にいる。
その背後から制服姿の女子高生が近づきトッケビは振り返った。
「私が誰だかわかる?」女子高生が言う。
トッケビは答えた。
「ただ一人の僕の花嫁。」

~終わり~

最終回は涙あり、感動ありと内容が濃すぎて、とてもあらすじだけでは伝えきれませんでした。
なので、伝えきれなかった見どころ7選を紹介していきます!

トッケビの最終回見どころ①ドクファとキム代表にほっこり♡

本作で常にほっこりさせてくれるドクファとキム代表。
ドクファは世間知らずなお坊ちゃんキャラで、憎めないかわいい奴。
キム代表は常に落ち着いた大人の雰囲気ですが、BTSのダンスを踊って見せたり意外な面白キャラを見せてきました。

そんな2人が最終回でもほっこり癒してくれます♡
トッケビから聞いたウンタクとの結婚話を、ドクファがキム代表に話す場面。
トッケビより先に結婚して、子供もたくさん作ると言い出したドクファに、それには相手が必要だとキム代表。
相手なら大勢いる!と自慢げに言うドクファが子供みたいでカワイイ♡
「多くいてもいけません。考えるだけで胸が高鳴り、涙が出るほど恋しい人はいますか?この人のためなら何でもできると思った人は?」
いないと答え、逆にキム代表に結婚願望はあるのか尋ねたドクファ。
「ありません。すでに結婚して子供もいるからです。」
ドクファはキム代表が独身だと思い込んでいたようで、目が点になってました。
聞かれなかったから答えなかったとはキム代表らしい答えです。
キム代表は、大人になるためにもっと世の中や周囲の人に興味を持つようドクファに優しく諭します。
ドクファも、これから頑張って大人になるからもう少し待っててほしいと、キム代表に尊敬の眼差しを向けました。
この2人の関係性がとってもいいですよね。
キム代表に見守られながら、頼もしい大人になっていくんだろうなと想像できる場面でした。

続いては、涙なしには見られないSとサニーの別れの場面です。

トッケビの最終回見どころ②死神とサニーの切なすぎる別れに号泣!

ウンタクのラジオ番組に、別れのラブレターの投書をしたサニー。
「来世では、待つ時間より会っている時間が長く、口実がなくても合える仲になれますように。顔が見られてよかった。どうか末永く幸せに。さようなら・・・。」
ラジオを聞いていた死神が2人が出会った歩道橋へ向かうと、そこにはサニーの姿が。
今世ではもう会えないというサニーの言葉にうなずく彼。
「一度だけ抱きしめてもいい?」と両手を広げたサニーの腕を、引き寄せ力強く抱きしめる。
もう胸が張り裂けそうなくらい悲しい。
2人とも好き合っているのに、やはり前世での彼のことがどうしても許せないサニー。
彼にとって、今世でサニーに会えないことが何よりの罰だとわかっているから、あえて自分にとっても辛い選択をしたのです。
前世での悲しい因縁から今世では決別することを選んだ2人。
あまりに切なすぎてこちらは涙腺崩壊です。
それにしても、韓国の俳優さんて泣きの演技がとても上手ですよね!
涙が次から次にあふれてきて、本気で泣いているのがわかります。
韓国の方は、日本人よりも喜怒哀楽がはっきりしていて感情が豊かなので、見ている側としては感情移入しやすく、よりストーリーに入り込みやすいです。
切なくて悲しくてもどかしくて、やりきれない気持ちで胸が苦しくなりますが、それだけ2人の演技が素晴らしくて感情移入してしまいます。
文章だけではとても伝えきれないので、是非本編で確認してくださいね!

次は、何だかんだでお互いを思いやるトッケビと死神の男の友情についてです!

トッケビの最終回見どころ③トッケビと死神の男の友情!

サニーに今世での別れを告げられた彼は、自室に引きこもり泣いていた。
そこへトッケビが手作りカレーとウサギ型に切ったリンゴも添えて差し出した。
「私がせっかく作ったのだから食べたらどうだ?ウサギのリンゴだぞ。」と、食べるようトッケビがうながしますが食欲がありません。
手作りカレーはチラッとしか映りませんが、揚げたレンコンと他にも緑の野菜などが乗っていて、見た目にとてもヘルシーでおいしそうなカレーでした。
しかも、リンゴはウサギさんになっていて目まで付いてカワイイ♡
これらを、落ち込んでいる彼のためにトッケビが一生懸命作ったのだと思うと、悲しい場面ではあるのですが少しプッと吹き出してしまいます(笑)
「サニーさんが去った。」と涙を流す死神。
そして、胸に抱いていた前世で自分が描いたサニーのすがた絵をトッケビに渡します。
しかしトッケビは、自分のものではないからお前が持っていろと、妹の肖像画を死神に託しました。
さらに、トッケビがいなかった9年の間、トッケビ一族が祀られている寺のロウソクを灯し続けてくれていたことを彼に感謝します。
最初はとても仲がいいとはいえませんでしたが、何年も一緒に暮らす内いつの間にか友情が芽生え、お互いを思いやれるようになったようですね・・・しみじみします。
結局、カレーやリンゴを食べるシーンは映りませんでしたが、最後は元気のない彼の隣に黙って腰を下ろしたトッケビでした。
無駄口はたたかずあっさりなんだけど、大事な部分はきっちりフォローするという、女子とは違う友情の形がgoodでした!

続いては、待ちに待ったトッケビとウンタクの結婚です♡

トッケビの最終回見どころ④トッケビとウンタクの幸せな結婚♡

2人は、ソバの花畑で永遠の愛を誓いました。
ウンタクは死神からプレゼントされたソバの花のブーケを持っています。
何とも幻想的で最高の雰囲気でした。
ソバの花って初めて知りましたが、とっても美しいんですね!
白くて小さい花が集まっていて、カスミソウとよく似ています。
なぜソバの花なのだろうと思いましたが、”愛の約束”が花言葉なのです。
まさしくトッケビのストーリーにピッタリ!
そして、ソバの花のブーケをプレゼントした死神が素敵すぎます!

結婚式の後はみんなで食事会。
死神とトッケビが調子に乗ってハンドパワーで物を飛ばしたり移動させたり、もうハチャメチャです。
それを初めて目の当たりにしたキム代表は一瞬気絶(笑)
その後も談笑して、歌を歌って本当に楽しい食事会でした。
私も参加したかった(笑)

晴れて夫婦となり、初めて同じベッドで眠りにつくトッケビとウンタク。
眠いというウンタクの頭をなで、体をトントンしてくれるトッケビ。
本当に幸せのかたまりの初夜でした♡
昔を懐かしむもよし、これからの未来を夢見るもよし、誰が見ても心が温かくなる2人の結婚でした。

続いては、涙なしには見られません!

トッケビの最終回見どころ⑤ウンタクのアクシデントで涙腺崩壊Part2!

結婚式の翌日、帰宅途中のウンタクは、トラックが乗降中の幼稚園バスに突っ込みそうで、思わず車でそれを防ごうと、トラックの前でブレーキを踏んだ。
その日は朝から完璧な一日で、愛しい人と共に目覚め、目玉焼きがうまく作れたし、完璧な仕事もできた。
ウンタクが走馬灯で思い返した今日一日。
鳥肌が立ちました。
すべてはこの事故の瞬間に一秒でも遅れないための完璧な一日だったのです。
思い返せば、ウンタクは元々母のお腹の中にいる時にいなくなる運命でした。
それから「処理漏れ」として9年ごとにいなくなる危険に直面しながらも27歳まで生きてきたのです。
ですがやはり「処理漏れ」としての運命からは逃れられませんでした。
泣き崩れるトッケビ。
そりゃそうですよね。
結婚2日目にして奥さんを失ってしまうなんて・・・。
ウンタクは、絶対また戻ると約束して去りました。
絶対戻ってきてよ!なるはやでお願いします!!
一人残されたトッケビを思うと、心が痛くていたたまれません。
私で良ければそばにいますけど(笑)
ハンカチを準備してご覧になってくださいね!

次は、今世で悲しい別れをしたSとサニーのその後です!

トッケビの最終回見どころ⑥死神とサニーは来世で幸せに♡

トッケビは死神とサニーの転生した姿を見かける。
トッケビは来世で2人が再び出会い幸せになれるよう、灯籠に祈りを込め飛ばしていました。
なので、2人が再び出会ったことを確認しホッと安堵の表情を浮かべ立ち去ります。
サニーは女優に生まれ変わり、2016年を舞台にした刑事ものの時代劇を撮影中で、そのドラマで刑事役の指導をする刑事が死神の生まれ変わり。
初対面の場面では、彼が刑事役のサニーを犯人役だと勘違いし手錠をかけるなど、第一印象は最悪の2人でしたが、やはり徐々に惹かれていきます。
男らしく自分の気持ちを素直に口にする男性に生まれ変わったようです。
前世での死神も守ってあげたくなる感じで好きでしたが、生まれ変わった彼も男らしく引っ張ってくれそうでイイ感じ♡
今回は何の障害もなく出会ったので、必ず幸せになってほしいですね♡

最後は、ウンタクとトッケビの待ちに待った再会です!

トッケビの最終回見どころ⑦ウンタクは生まれ変わりトッケビの元へ♡

サニーと死神の生まれ変わりが出会ったもっとずっと後のこと、ケベックのホテルに滞在しているトッケビが散歩に出かけようとする。
ホテルの支配人が、大通りには韓国からの修学旅行生がいるので裏通りを歩くよう助言しました。
韓国からの修学旅行生?
わざわざこんなシーンを作るってことは、もしかしてやっぱりあれの前置き?

トッケビは、夕暮れの丘の上の墓地に腰を下ろし本を読む。
向こうの後方に女子高生が・・・。
ウンタクが帰ってきました!
トッケビが振り返ると、女子高生が近づいてきて、名札には「パクソミン」と書かれています。
生まれ変わったので名前は変わりましたが、前世のことをすべて覚えています。
2人はめでたく再会を果たしました。

よかったー!
出会えずに終わったらどうしようかと思いましたが、長い年月を経て再び会うことができました!
再会して見つめ合う2人のバックの景色の見事なこと!
2人の再会を、より感動的なものにしています。
景色といい、音楽といい、本当に素晴らしいラストとなっているので、是非その目で確認してくださいね!

続いては、トッケビ最終回の結末で私が気になった部分の考察です!

トッケビの最終回の結末を考察

最終回の結末で私が気になった部分は2つ。

  • どのくらいの年月を経て、トッケビとウンタクは再び出会ったのか?
  • 彼は、また1人残される?

私なりに考察してみました。

再会はウンタクのアクシデントから100年後⁉
ウンタクの事故から30年後にサニーと死神が永眠。
それから少なくとも30年ほどの月日が経過したあとに2人は再会しています。
ここまでで既に60年は経過しています。
結末のシーンが、それからすぐのことなのか、それとももっとずっと後のことなのか定かではありませんが、最短で見積もっても60年以上かかったことになります。
もしかしたら100年以上経過していたのかもしれません。
とにかく、トッケビは本当に一途な男だということがわかりましたね!
再び1人に⁉
トッケビは、ウンタクがいなくなってからずっと一人で待っていた。
少なくとも60年以上の年月が経過して再び出会いましたが、不滅の命のトッケビは老けることなく、またいずれウンタクを見送ることになります。
ウンタクは、あと2回生まれ変わることができるはず。
ですが、最終的にはトッケビは永遠に独りぼっちになってしまうのでは?
最初はそう考えて複雑な気持ちになりましたが、トッケビは胸の剣を抜かれ、不滅の命の呪縛から解放されました!
ということは、彼はいなくなるタイミングを自ら決められる。
そして、ウンタクの本当の最後の時がトッケビの最後。
そうであってほしいです!

トッケビの最終回はハッピーエンド?まとめ

最終回はほっこりしたり、胸が締め付けられたり、感動したり、色んな感情がギュッとつまった内容の濃いものとなっています。
結末は、視聴者のご想像にお任せしますの部分がありつつも、ハッピーエンドで終了。
見どころを7つ紹介しましたが、最終回のすべてが見どころと言っていいほどの内容でした。
150本以上の韓国ドラマを見てきた私ですが、自信をもっておすすめできる最高のドラマです!
「百聞は一見にしかず」!
感動のラストを是非ご自分の目で確認してくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました