悪の花の共犯者!正体は意外なあの人だった⁉感想16話・17話・18話

サスペンス

『悪の花』の前話では、サンチョルの登場でトミンソクの共犯者に一歩近づきました。
ここでついに共犯者の正体が明らかになります!
この記事を読んでいただいたら、『悪の花』を見てみたくなること間違いなしです!
ぜひ、最後までご覧くださいね!

悪の花の共犯者!正体は意外なあの人だった⁉感想16話

待ち合わせ場所に走って現れたヒョンスを見て、ジウォンは夫への愛を再確認する。

嘘をつかれて裏切られていても、やはり夫を愛しているのですね。
夫婦はこれからどうなるのでしょうか?

先輩のチェ刑事は、以前情報提供してくれたボクジャおばさんからの電話を受けた。
掃除をしていたら変なものが出てきたという。
それは、ムジンがヒョンスとの会話を録音したボイスレコーダーだった。

ボイスレコーダーには、きっと2人のヤバい会話が録音されているに違いありません!

サンチョルから1億ウォンを渡せと条件を出され、偽父のマヌに用意してくれるようお願いした。

そのお金でサンチョルと取引し、共犯者の情報をもらうつもりですね!

そんな折、警察署にトヒョンスと名乗る人物から電話がかかる。
トミンソクと共犯者に被害者を調達した人身売買組織が存在するという。
今夜この組織と取引をし、子供1名と共犯者の情報を受け取るので、警察が現場を押さえてほしいという内容。
ヨンジュ市連続事件解決のため自分が知る情報を提供する代わりに、自分の身元を保護すると約束してほしい、そして、自分が共犯者ではないことを証明したいと言った。

ヒョンスが警察に取引を持ちかけました。
ジウォンは、夫が危険な目に合うのではないかとヒヤヒヤですよね。

一方、ヘスは催眠療法で共犯者の爪が以上に短かったこと、緑のバンドを手首にまいていたのを思いが頭に浮かんだ。

お姉ちゃんが、弟のために共犯者のことを思い出そうと頑張っています!

警察が調べ、ヒョンスの話が確かなものだとわかった。
チェ刑事は、トヒョンスとの約束を無視して彼を捕まえようと提案し、ジウォンは複雑な気持ちでいた。

刑事である前に、指名手配犯の妻。
同僚にも相談できず、とても複雑な立場です!

続いて第17話!

悪の花の共犯者!正体は意外なあの人だった⁉感想17話

ヒョンスに電話をかけ、持ち物の中にあったテープの声が誰のものなのかたずねると、母親の声だと言った。
なぜだかわからないが、ずっと大事に持っていたと。
テープの声がヒョンスが暴力的になる原因だとの医師の話を真に受け、テープを処分したことを後悔した。

母親の声を聞いて子供が落ち着くのは当たり前のこと。
そのテープを誰かに奪われそうになると、暴力的になっていたようです。
お母さんが恋しかったんですね。
ジウォンはそのことに気付いたようです。

チェ刑事がボクジャおばさんから預かったボイスレコーダーを再生すると、ムジンとヒョンスの会話が始まり、ジウォンの夫がトヒョンスであることを知って驚愕した。

キャー!
ついにバレてしまいましたっ!

ジウォンの最近の様子から、彼女は夫の正体を知っていると確信したチェ刑事。
署に戻り彼女を屋上へ呼び出し、「お前は知らなかったことにしろ。今夜の取引で奴を逮捕したら、明日お前の夫を捕まえに行く。」と言った。

見逃してほしいと泣いてすがりましたが駄目だったようです。
夫と一緒にいられるのも、今日で最後かもしれません

ヒョンスはムジンと一緒にサンチョルの事務所に向かった。
彼は車にいて、ヒョンスがサンチョルから取引場所を聞き出すのを盗聴器で聞き、警察に取引場所を電話で知らせる役目だ。

同級生の連係プレーですね!

ヒョンスが事務所に入り金を渡すと、それを見て奴は取引のことが記された紙を渡す。
ヒョンスはわざと声に出して場所を読み上げ、それを聞いたムジンはトヒョンスを名乗り警察へ電話した。

ここまで計画通り順調に進んでいます!

奴がヒョンスに共犯者が書かれた紙を渡そうとすると、電話が鳴った。
倍の金額を出すから彼を消してほしいとマヌが言った。
サンチョルは寝返り、取引を中止しヒョンスを殺すことにした。

あと一歩で共犯者がわかるところだったのにー!
それにしても、悪い奴らですね!

一方、ヘスは共犯者が手首にはめていた緑のシリコンバンドが、マヌが院長を務める病院の物だという事を知り、家へ押しかけた。

さすがお姉ちゃん!
頑張って!

続いて第18話!

悪の花の共犯者!正体は意外なあの人だった⁉感想18話

警察は取引現場に向かい、サンチョルの一味を逮捕し拉致被害者たちを救出。

ヒョンスとムジンの連係プレーで、無事救出できました!

マヌの家を訪ねたヘスは自分が姉だと話し、夫妻がヒョンスの身の上に同情し、意識不明の息子の身分をくれたと聞いていることを話し感謝していると述べた。
弟は共犯者ではないと話し、父の葬儀に来ていた共犯者がイルシン大学病院の緑のシリコンバンドをしていたため、ボランティアの名簿が欲しいと伝えた。

マヌはとても悪い奴です!
おとなしく名簿を渡してくれるでしょうか?
ヘスが心配です!

ヒョンスは、寝返ったサンチョルにロープで縛りつけられ身動きができない。
奴はかばんにお金を入れ、事務所にガソリンをまいて火をつけようとした瞬間、誰かが奴の頭にピストルを向けた。
ジウォンだった。

うわー!
ついにトヒョンスとして妻と初対面です!

奴に手錠をかけようとすると、反撃しジウォンに襲い掛かる。
ヒョンスは馬鹿力を出しロープを引きちぎると、サンチョルをボコボコにした。
ジウォンは、もうすぐここへ警察が来るから早く逃げてと言った。

妻は夫を逃がすという選択をしたようです。
刑事である前に妻ですから・・・。
そうするしかなかったんですね。

ジウォンに促され車で逃走したヒョンスだったが、どうしても妻に会いたくてたまらない。
ジウォンはヒョンスの腕時計のGPSで彼の元へ駆けつける。
家に帰りたいと号泣する夫に、妻は「私たちの家に帰ろう」と言った。

今まですごく幸せだったから、家に帰りたいよね!
その生活を守るために、ずっと身分を偽ってきたんです。
方法は間違ってましたが、ヒョンスは家族をとても大切に思っていたんですね。

共犯の男は爪を噛む癖があるようだとヘスは話した。
その会話を、車イスのペクヒソンが扉の外から爪を噛みながら聞いていた。
斎場で彼女と会い、トミンソクと会っていたバーから目撃者に脅迫電話をかけたことなど過去のことを思い返していた。

何と!
ずっと植物状態だった本物のペクヒソンが共犯者でした!
驚きの展開です!

ヒョンスに殴られケガをしたサンチョルは、病院で手当てを受けていたが、見張りの警官の首を絞め逃走した。

せっかくジウォンが捕まえたのに、逃走してしまいました!

家に帰り、ジウォンに自分の生い立ちを正直に話したヒョンス。
彼女も、ヒョンスが妻を愛したことがないと言ったのを聞いていたことを話した。
それを聞いたヒョンスは泣きだし、なぜ泣くのか自分でもわからないと言うが、「あなたは私のことが大好きなの」と彼女は優しく告げた。

ようやく正直になれました!
良かったです!
ですが、明日になればチェ刑事がヒョンスを逮捕しにやってきます!
2人はこのまま離れ離れになってしまうのでしょうか?

悪の花の共犯者!正体は意外なあの人だった⁉感想まとめ

サンチョルに殺されそうになって、ジウォンが乗り込んできた時のヒョンスの驚きの表情がやばかったです。
刑事という自分の立場もかえりみず、夫を逃がそうとする苦しい胸の内も痛いほどに伝わってきました。
夫が共犯者ではないと確信しているけど、世間には信じてもらえないかもしれない、出頭したらそのまま逮捕されてしまうかもしれない、もう逃がすしかない!とたくさん考えたのでしょう。
彼も妻の苦しい胸の内を知り、心を痛めます。
ヒョンスやはりサイコパスではないですね。
サイコパスと言えば、長い眠りから目覚めた本物のペクヒソンが共犯者でした。
今はまだ目覚めたばかりで車イス生活ですが、おとなしくしているのも今のうちだけかもしれません。
チェ刑事はヒョンスを逮捕しにやってくるのでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました